活動報告

豊橋日独協会事務局

5/31「豊橋日独協会 2021年度総会」を開催しました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2021年6月1日

2021年5月31日(月)18時30分より、ホテルアークリッシュ豊橋 5階ザ・グレイスにて、「豊橋日独協会 2021年度総会」を開催しました。愛知県内に緊急事態宣言が発令されている状況ではありましたが、マスク着用、検温、アルコール消毒などの感染防止対策をしっかり講じた上で開催し、47名の会員の方々にご出席いただきました。また、コロナ禍のため「オンライン・Zoom」も併用し、17名の会員の方々にご出席いただきました。
冒頭、神野会長から開会挨拶があり、その後伊藤事務総長が議長となり、2020年度事業報告並びに収支決算報告、2021年度事業計画(案)並びに収支予算(案)、役員人事について、事務局並びに各委員会委員長から詳細な説明・報告がなされ、各議案とも満場一致で承認されました。
(※欠席者、オンライン出席者からの委任状:122通)
その他、報告事項として、独日協会ブラウンシュヴァイク-パイネ-ヴォルフスブルク独日協会の「バローグ=クラウス輝子」会長が、本年度開催の会員総会において会長を退任される旨の連絡が入ったことが報告されました。また、「日独修交160周年記念」に関するドイツ大使館の外壁アートなどの取り組みが紹介されました。
総会終了後、コロナ禍で懇親会が開催出来ないこともあり、記念品として参加者全員に「ドイツワイン(ヴィラ ヴォルフ ヴァッヘンハイマー リースリング 白/辛口)」が進呈され、三々五々帰路に就かれました。

  

  



 



「2021年度 年次総会」開催のご案内

編集者:jdg-toyo 更新日:2021年5月12日

コロナ禍ではありますが、感染拡大防止対策を十分に講じた上で、オンラインを併用し、下記の通り「2021年度 年次総会」を開催いたします。
会員の皆さまにおかれましては、会場またはオンラインの何れかでご出席くださいますようご案内申し上げます。

1.日時:2021年 5月31日(月)18:30~(受付は18:00~)
2.場所:ホテルアークリッシュ豊橋 5階ザ・グレイス(豊橋市駅前大通1-55)
3.内容:2021 年次総会(オンライン併用)
(1)決議事項
議案1.2020年度事業報告並びに収支決算報告に関する件
議案2.2021年度事業計画(案)並びに収支予算(案)に関する件
議案3.役員人事の件
(2)報告事項
(3)その他の件
4.参加会費:2,000円(※当日、記念品として「ドイツワイン」進呈)
5.その他:
①例年開催しております総会後の懇親会は「中止」とさせていただきます。
②会場内の配席はスクール形式とし、十分な離隔距離を確保しております。
③ご来場の際は「マスク着用」でお願いします。
④入場の際の検温、アルコール消毒など、感染防止対策にご協力ください。

【お問い合わせ先】
〒440-8531 豊橋市駅前大通1-55
サーラタワー サーラエナジー株式会社秘書室内
豊橋日独協会・事務局 福田 (TEL)0532-51-1205



 



12/20「X’mas Stammtisch 2020 聖夜のビアガーデン」を開催しました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年12月22日

2020年12月20日(日)17:00~19:00、当協会のクリスマスイベントとして「X’mas Stammtisch 2020 聖夜のビアガーデン」をホテルアークリッシュ豊橋 5F ザ・グレイスにて開催し、会員を中心に72名の方々が参加されました。
今年はコロナ禍を考慮し、大勢のお客さまを集客することは避け、会員の皆さまを主体として対内的なイベントにかたちを変え、主催者側では手指のアルコール消毒、検温器による体温測定、室内換気の徹底、卓上への飛沫防止パネルの設置、個別プレート方式での料理提供など、十分な感染防止対策を講じた上で開催いたしました。
受付では「手作りシュトレン」「オリジナルマグカップ」「オリジナルマスク」等がプレゼントされ、参加者の皆さまには大変喜んでいただきました。
クリスマスイベントは、神野会長の開会挨拶、関衆議院議員の来賓挨拶のあと、大塩副会長の乾杯で幕を開けました。ホテルアークリッシュ豊橋からは前菜、肉料理、パスタ、デザートなど、ドイツ料理がプレート方式で提供されたほか、ドイツビールやグリューワインなどのバーコーナーも設置され、参加者の皆さんは美味しい料理と飲物を堪能されました。
歓談中には、神野会長が就任された2017年5月から2020年9月までの「豊橋日独協会の歩み」が会場スクリーンに映写されたほか、ステージイベントとして豊橋交響楽団の「木管・弦楽器によるアンサンブル演奏」、ミッキー横田さんによる「マジックショー」、ホテルアークリッシュ豊橋のペア宿泊券などが当たる「お楽しみ抽選会」が開催され、参加者の皆さまは自席で静かに楽しまれました。
中締めとして、豊橋交響楽団の木管楽器による「きよしこの夜」が演奏され、西島副会長の閉会挨拶でクリスマスイベントは幕を閉じました。
来年度はコロナ禍が収束し、大々的に開催できることを願ってやみません。

 

  

  

  

  



 



9/22「ドイツ大使公邸夏祭り」に本多慶政会員が出席されました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年11月11日

2020年9月22日(火)14時00分から16時00分にドイツ大使公邸にて行われた「夏祭り」に豊橋日独協会より本多慶政会員(中学2年生)が出席されました。
本年度は新型コロナウイルスへの対応のためソーシャルディスタンス等を考慮し、各協会会員「1名」の出席、また参加条件として2019年度以降に入会された新入会員で40歳以下の方に限定されての開催となりました。
本多会員のご自宅では、2019年11月~2020年9月までホストファミリーとしてグスタフ・ハイネマン高校の男子高校生1名を受け入れており、ドイツに高い関心を持っておられることより本年度開催の「夏祭り」にご参加いただきました。当日は、各地日独協会関係者とともに、楽しいひとときを過ごされました。

 



 



会員向け「X’mas Stammtisch 2020 聖夜のビアガーデン」開催のご案内

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年11月9日

来る12月20日(日)17:00~、当協会主催のクリスマスイベントとして『X’mas Stammtisch 2020 聖夜のビアガーデン』を、昨年に引き続き開催いたします。今年はコロナ禍を考慮し、大勢のお客さまを集客することは避け、【会員の皆さまを主体とした対内的なイベント】にかたちを変え、ホテル側で十分な感染防止対策を講じた上で開催させていただきます。なお、今年はシュタムティッシュをはじめとする当協会事業が全てストップしている状況を鑑み、会員の皆さまへの還元を第一の目的としてイベント内容を企画させていただく予定です。
コロナ禍に加え、年末の大変お忙しいなかではありますが、ご家族、ご友人をお誘い合わせの上、是非ご参加くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

1.日 時:2020年12月20日(日) 17:00~19:00(受付:16:30~)
2.場 所:ホテルアークリッシュ豊橋 5階 ザ・グレイス
3.対 象:会員並びにそのご家族、ご友人 100名程度(~上限150名)
4.内 容:クリスマスパーティー(ドイツ関連メニューのご提供)
(注)「立食+ブッフェ形式」となり、料理はホテルスタッフが取り分けします。
*ドイツの洋菓子「シュトーレン」&「オリジナルマグカップ」プレゼント(全員)
*ステージイベント~クリスマス・アンサンブル~(豊橋交響楽団)
*クリスマスお楽しみ抽選会
*その他(あひるのダンス、全員合唱など)
5.参加費:
〇会員とその家族 3,000円(小学生以下は1,500円、税込)
〇非会員とその家族 5,000円(小学生以下は2,500円、税込)
(注)法人会員の従業員とその家族は、「会員とその家族」とみなします。
6.参加申込
お申込みは先着順とし、150名に達した段階で受付けを終了させていただきます。
参加いただける方は、11月30日(月)までに 事務局までお申し込み下さい。
7.注意事項
*新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ご来場の際はマスク着用、アルコール消毒にご協力ください。当日、発熱や体調の優れない方はご参加をご遠慮ください。
*国・愛知県から非常事態宣言等が発令された場合、本イベントを中止させていただく場合があります。

《本件に対するお問い合わせ先》
〒440-8531
豊橋市駅前大通一丁目55番地 サーラタワー
サーラエナジー株式会社 秘書室内
豊橋日独協会・事務局(担当)福田
TEL:0532-51-1205 FAX:0532-51-1274



 



マルティン・エバーツ駐日ドイツ連邦共和国総領事が来豊されました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年9月10日

令和2年9月8日(火)から9日(水)の2日間にわたり、本年7月にヴェルナー・ケーラー氏の後任として大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館・総領事に就任されたマルティン・エバーツ氏が、奥様並びに総領事館職員2名とともに来豊されました。
9月8日(火)の夕方、本年6月に在豊橋ドイツ連邦共和国名誉領事に就任した当協会の神野吾郎会長と面会され、エバーツ氏が総領事に就任されるまでの経歴や在京大使館勤務時の出来事について歓談されるとともに、日独交流160周年関係、コロナ禍のなかでの当地域における経済状況、当協会の活動内容などについて意見交換を行いました。その後、豊橋日独協会の役員並びに佐原光一豊橋市長ご同席の懇親会に出席され、オープニングでは当協会会員の岡田尚之氏による「テノール歌唱」(リヒャルト・シュトラウス作曲:「献呈」、「あした」)をお楽しみいただくとともに、ドイツと日本の折衷料理をお召し上がりいただきながら参加者の皆さまと和やかに歓談されました。お食事がひと段落したところで、ドイツ語と日本語で「菩提樹」と「ふるさと」を全員で合唱し、一気に会場が打ち解けた雰囲気となりましたが、あいにく中締めの時間となり、最後は全員で記念撮影を行い、名残惜しいなか懇親会の幕を閉じることとなりました。
翌日の9月9日(水)の午前中、豊橋市明海町の「フォルクスワーゲングループジャパン株式会社」を視察されました。テクニカルサービス部ディレクターのハイコ・ラツニ氏の会社概要説明を受け、トレーニングセンター、部品倉庫、港/車両整備工場を順次見学されたあと、ティル・シェア社長と懇談の場を持たれ、大変有意義な時間を過ごされました。
2日間にわたる短い滞在時間でしたが、神野会長をはじめ、当協会役員、豊橋市長と懇親を深めることが出来たことはこの上ない喜びです。大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館とは、今後も引き続き良好な関係を継続してまいりたいと思います。

  

  

  

  



 



8/11「ドイツテコンドー・オンラインキャンプ」が開催されました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年8月17日

8月11日(火)18時00分より、東京2020オリンピック・パラリンピックのホストタウンであるドイツ連邦共和国との繋がりを一層深めるため、「ドイツテコンドー・オンラインキャンプ」(主催:豊橋市)が豊橋市武道館にて開催されました。
本キャンプは、昨年9月に豊橋市でオリンピックに向けて事前合宿を行ったドイツテコンドー連盟男子代表ヘッドコーチのゲオーグ・ストライフ (Georg Streif)氏が、豊橋市内のテコンドー道場(輝蹴会)に通う学生(小学生~大学生)に対し、オンライン(Zoom)でアドバイスを送るものであり、当協会の河合満美子会員がドイツ語通訳として運営協力を行いました。
当日は、テコンドー道場の児童達による歓迎デモ、道場側からの挨拶、ストライフコーチによる挨拶のあと、年代別・男女別で2人ずつの組手が行われ、ストライフコーチから技の指導や試合を有利に進めるための的確なアドバイスが河合会員の通訳を介してそれぞれの競技者に伝達されました。
その後、ドイツやオリンピックに関すること等の質疑応答の時間が設けられ、最後にスクリーン越しにコーチと競技者との記念撮影が行われ、無事終了となりました。

※当日の交流の様子が豊橋市の「youtubeチャンネル」で生配信されました。ご興味のある方は下記URLより是非ご覧ください。
【ユーチューブ】https://www.youtube.com/user/toyohashi10484

 

  

  



 



神野吾郎会長が「在豊橋ドイツ連邦共和国名誉領事」に就任いたしました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年6月19日

神野吾郎会長(株式会社サーラコーポレーション 代表取締役社長 兼 グループ代表・CEO)は、2020年6月19日(金)にホテルアークリッシュ豊橋で開催された「在豊橋ドイツ連邦共和国名誉領事就任式」において、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館のヴェルナー・ケーラー総領事からドイツ連邦外務大臣、並びにドイツ連邦大統領からの就任辞令を授与され、宣誓・署名を経て、正式に初代「在豊橋ドイツ連邦共和国名誉領事」に就任いたしました。
1981年より愛知県には「在名古屋ドイツ連邦共和国名誉領事」が置かれていましたが、2017年11月の川口文夫名誉領事(中部電力株式会社)の離任に伴い、約2年半ほど名誉領事不在の状態が続いておりました。このような状況のなか、ドイツ総領事館のヴェルナー・ケーラー総領事より、中部地区において暮らしとエネルギーの総合サービス事業を展開する株式会社サーラコーポレーション代表取締役社長であり、豊橋日独協会会長を務める神野吾郎氏あてに名誉領事就任の打診があり、ご本人の内諾をもって、2019年3月よりドイツ総領事館経由でドイツ連邦共和国外務省あてに申請手続きを進めた結果、本年5月に日本国外務省より正式に認可され、今回の名誉領事就任の運びとなりました。
本件は、豊橋日独協会としても大変喜ばしいことであり、「在豊橋」という冠に恥じぬよう、日本とドイツの懸け橋としてこれまで同様、活発な活動を展開してまいりたいと思います。会員の皆さまの変わらぬご支援、ご協力を、何卒よろしくお願いいたします。

◆「在豊橋ドイツ連邦共和国名誉領事事務所」が下記のとおり開設されます。
1.開 設 日:2020年6月22日(月曜日)
2.所 在 地:愛知県豊橋市駅前大通一丁目55番地 サーラタワー
3.連 絡 先:(TEL) 0532-51-1277 (FAX) 0532-51-1274
4.開館時間:月曜日から金曜日 10:00~12:00、14:00~17:00
(土・日・祝日、年末年始は休み)
5.所  管:愛知県
6.職  務:*名誉職として、愛知県における総領事館の業務を補佐
①経済・交通・文化などの分野への協力(ドイツからの訪問団の受入れ支援等)
②ドイツ人並びにドイツ法人への助言・補佐
③地元における日独間の経済・文化交流に関する助言並びに支援
④文書の認証業務

  

  

   



 



2/6「駐日ドイツ連邦共和国大使 企業視察会&豊川稲荷参拝」を実施しました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年2月14日

令和2年2月5日(水)から6日(木)までの2日間、昨年9月に駐日ドイツ連邦共和国大使に就任されたイナ・レーペル氏(Ms. Ina Lepel)と通訳・翻訳部長のベアーテ・フォン・デア・オステン氏(Ms. Beate von der Osten)の2名が来豊されました。
2月6日(木)は寒さが身に染みる冬晴れのなか、西島副会長、西島 寛会員、福田事務局長随行のもと、午前中に武蔵精密工業株式会社の企業視察、お昼の時間帯に東三河の名所である豊川稲荷参拝、午後からはフォルクスワーゲングループジャパン株式会社の企業視察を実施しました。
2016年にハイホールディング・ゲーエンベーハーを買収するなどドイツとの関連が非常に深く、鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開する武蔵精密工業株式会社では、大塚浩史社長、伊作 猛上席執行役員、前田 大執行役員、鹿野隆行経営企画室長と面会され、会社概要についてプレゼンテーションを受けたあと、同社本社植田工場内の鍛造から完成品までの工程を順次視察されました。レーペル大使からは、「大塚社長様をはじめとする役員の皆さまのプレゼンテーションが素晴らしく、大変勉強になりました。」との感想が寄せられました。
お昼の時間帯の豊川稲荷参拝には、神野会長をはじめ、豊川市の竹本市長、豊川商工会議所の小野会頭も駆けつけ、レーペル大使をお迎えいただきました。一行は、笹木原住職による「特別御祈祷」のあと、日本古来の「精進料理」をお召し上がりになられました。食事のあと、レーペル大使が直筆で願い事を書かれた「千本幟」を奉納し、有名な霊狐塚を参拝後、豊川稲荷をあとにしました。
東三河臨海部に位置するドイツを代表する大手企業のフォルクスワーゲングループジャパン株式会社では、アルノ・レスラー副社長とハイコ・ラツニ テクニカルサービス部ディレクターと面会され、会社概要についてプレゼンテーションを受けたあと、豊橋本社工場内を港、車両整備工場、部品倉庫、トレーニングセンターの順に視察されました。
レーペル大使とベアーテ通訳・翻訳部長は、豊橋日独協会との交流、豊橋市内の企業視察、豊川稲荷参拝など、2日間に亘るタイトな行程を無事消化され、大変満足されたご様子で豊橋駅より新幹線にて帰途につかれました。
機会がありましたら、是非豊橋を再訪いただければと思います。会員一同、心よりお待ちしております。

  

  

  

  

  

  



 



2/5「駐日ドイツ連邦共和国大使 講演会&懇親会」を開催しました。

編集者:jdg-toyo 更新日:2020年2月14日

令和2年2月5日(水)から6日(木)までの2日間、昨年9月に駐日ドイツ連邦共和国大使に就任されたイナ・レーペル氏(Ms. Ina Lepel)と通訳・翻訳部長のベアーテ・フォン・デア・オステン氏(Ms. Beate von der Osten)の2名が来豊されました。
2月5日(水)は当協会の神野会長との面談後、19時よりホテルアークリッシュ豊橋15Fクラブサロンにて「駐日ドイツ連邦共和国ドイツ大使講演会・懇親会」を開催し、来賓・会員を含め50名を超える方々が出席されました。
冒頭、神野会長より「レーペル大使は、ドイツ北部のニーダーザクセン州・クックスハーフェンのお生まれ。ドイツ・ボン大学、アメリカ・インディアナ大学で経済学を学ばれた経済学修士。ドイツ外務省アジア・太平洋局長、駐パキスタン大使などを歴任され、外交経験も豊富。日本とドイツの平和・発展のためにご活躍されることをお祈りしている。豊橋日独協会は、フォルクスワーゲンの豊橋進出を機に、1991年に設立され、現在、個人会員180名、法人会員50社を数え、日本で最も活発に活動している日独協会のひとつと言われるまでに成長してきた。当協会の最大の特徴は“全員参加”の事業推進。会員がボランティア精神で様々なドイツとの交流事業に積極的に参加し、活動を進めてきた。これこそが、日独相互の交流促進に大きな力を発揮し得るものだと考えている。本日の講演は、ドイツとの交流を担う当協会にとって、大変役に立つお話しが聴けると期待している。」と挨拶されました。
続いてイナ・レーペル大使より『日本とドイツの今後のあるべき姿と日独協会に期待する役割』と題して、約1時間講演していただいた。日本とドイツは政治、経済、市民社会などの領域で活発な交流を行い、良好な関係を築き上げていることを示したうえで、「ドイツと日本には共通の意見や課題、価値観がある。今後も交流の輪が拡がっていくことを期待する。その土台として重要な役割を果たしているのが日独協会。豊橋市にはフォルクスワーゲングループジャパン本社やメルセデス・ベンツ日本新車整備センターなどがあり、ヴォルフスブルク市とのパートナーシティ協定締結や2020東京オリンピック・パラリンピックではドイツのホストタウンにもなっており、ドイツとの関係は非常に深い。豊橋日独協会は長年にわたりドイツに関わる多くのイベントや各種事業を展開されており、その活動内容はかねてから耳にしている。今後も引き続き、両国の交流に寄与してほしい。」と話されました。
講演終了後、質疑応答があり、豊橋技術科学大学のドイツからの留学生をはじめとする参加者から講演会の内容に関する複数の質問が寄せられ、レーペル大使は丁寧に受け答えされておられました。
講演会終了後、引き続き懇親会が開催されました。冒頭、当協会の会員でありオペラ歌手の岡田尚之氏、ピアニストの平尾裕子氏によるシューベルト作曲「セレナーデ」、レハール作曲オペレッタ「微笑みの国」より「君こそ我がすべて」の2曲の「テノール歌唱」が披露され、岡田会員の力強い声量と平尾さんの素晴らしいピアノ演奏で会場は熱気に包まれました。
その後、佐原豊橋市長による来賓挨拶、松井副会長による乾杯発声で懇親会でスタートし、ホテルアークリッシュ豊橋のドイツ料理を交えた折衷料理とドイツワインなどをレーペル大使を囲みながら参加者全員で楽しみました。懇親会の最後は豊橋日独協会恒例のドイツ語と日本語による全員合唱で「菩提樹」と「ふるさと」を歌い、西島副会長の中締めの挨拶、参加者全員による記念撮影で幕を閉じました。

  

  

       



 





ACCESS : カウンター